慶應対策におすすめの参考書

今回は単語・熟語帳も含めて、僕が使っていた慶應対策に英語のおすすめ参考書をいくつか紹介していきたいと思います。
 
1.単語・熟語帳
まず慶應のレベルに合った語彙力をつけるためには、具体的にどの単語・熟語帳をつかえばいいのでしょうか?まず、前提として、高い語彙レベルをつけるためには2、3冊の単語帳を使うことが必要となります。したがってレベル別に僕が使っていたものも含め書いていきたいと思います。

高校基礎~標準レベル
・ターゲット1900
僕が使っていたものです。よくターゲットに対する批判を見ますが、僕は悪い参考書ではないと思います。というのも、基本的な単語から早慶レベルの高いレベルのものまでしっかりと網羅できていますし、前回で述べたとおり、掲載のない単語は自分で拾えばよいのです。
・速読英単語[必修編]
英文に載っている単語から覚えるというスタイルの単語帳です。CDもあわせて使うことで効率よく覚えることが出来ます。網羅性も高いです。

難関レベル
・DUO 3.0
僕が使用していたものです。熟語も載っています。短い例文に載っている単語から覚えるというものです。これも速読英熟語のようにCDとあわせて使うことでかなりの速さで覚えることが出来ます。また、同意語、派生語の掲載量がかなりのもので、辞書のように使うことも出来ます。

熟語帳
・ターゲット1000
ターゲット1900と同じ形式の熟語帳です。この一冊でセンターレベル~早慶レベルまで幅広く対策することが可能です。ターゲット1900と同様、音声のダウンロードやスマートフォン用アプリがあり、効率よく学習することが出来ます。

2.長文対策
まず、高校基礎~標準レベルは参考書紹介サイトをごらんください(おすすめは独学ラボhttps://dokugakulabo.com/です)。ここでは早慶レベルの参考書を紹介していきます。

・基礎英文解釈の技術100
英語長文を読む上で必要になってくるのが「英文解釈」の力ですが(詳しくは次回参照)、この参考書ではMARCH~早慶のレベルの解釈技術を整理して学ぶことが出来ます。具体的には今後のブログで書いていきます。CDも付属しているので効率的に学ぶことが出来ます。

・ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式
この参考書では旧帝早慶レベルのさらにハイレベルな解釈の技術を身につけることが出来ます。したがって、しっかりと基礎、標準レベルを身につけたうえでトライしてください。上記の「基礎英文解釈の技術100」の上級版「英文解釈の技術100」でもかまいませんが、こちらはタイトルの通り100個の項目があるため、よりコンパクトにまとまったポレポレをおすすめします。

・やっておきたい英語長文700、1000
 語彙や英文解釈力を身につけたら、いよいよ長文の問題集に入っていくわけですが、僕が使っていたのがこの問題集です。記述問題が多めですが、長文読解力を伸ばすのに適した良問が多いです。解説が少し薄くわかりづらいのが難点。1000は700と難易度は変わりませんが1000wordsを超えるいわゆる「超長文」への対策に有効です。

3.英文法・語法対策

・英文法・語法Vintage
英文法問題に関しては、僕はこの参考書のみを使っていました。使ってみてよかったのは、受験英文法に必要なポイントが良くまとまっていたことです。使い方としては左ページの問題を解いて右ページ解説を読んで理解し、二周目以降は単語帳のようにひたすら暗記していくようなやり方をお勧めします。

 以上が慶應対策に有効な参考書になりますが、最もおすすめする参考書があります。それは赤本です!とにかく志望学部の過去問を研究しまくることが合格への最短ルートなのです。
具体的には、
・時間配分(時間内に解ききれるか、大問ごとにどのように時間を配分するのか、等)
・出題形式、傾向(大問ごとに文法が出るのか長文が出るのか、等)
・合格最低点(何割取れれば合格できるのか)
をしっかりと自分で把握することが必要になります。その上で、解いたらしっかりと解き直しをしたうえで沢山の量をこなして志望学部のレベルや出題傾向に慣れましょう!過去問の研究なしに志望校合格は絶対にありえません。

 これで今回は終わりにします。次回は具体的に慶應の英語を読んでいく上で必要なことを書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です